So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

《追記:台南mp3終了》 デヴィッドの台湾ツアー [David Archuleta]

[ひらめき]8/28終了しました ↓
[ひらめき]8/23 :8月12日の台南イベントに追記があります。


全体スケジュール写真 small.jpg



Taipei x small.jpg

8月13日台北金華堂教会にて  Credit: Che Wea HU


デヴィッドは8月11日から17日に台湾のモルモン教会に招かれて7都市を回るツアーを行いました。今年は台湾で教会の活動が始まってから60周年にあたるため、家族の大切さをテーマとしたイベントのゲストとして出演。各都市で地元のアーティストと共演しました。中には彼単独の日もあったようですが、私は初日から3日間のツアーに参加したため単独公演は観ていません。
前日の10日(水)午前10時から台北で記者会見が開かれることがわかっていたのです(またそれは誰でも参加できるものだったのです)が、あいにくその夜のルーカス・グラハムの日本初のライブ(*)チケットを購入していたので、休暇をとっていたにもかかわらず参加できませんでした。ただ、プレコンに出席するためには9日に出発しなければならないので無理ではあったんですが・・。

(*)
前日9日にルーカスの極度の疲労によりライブはキャンセルになりました。

チケットを転売してもよかったのですけど、このように中止になってしまうと、買い取ってくださった方に誠実に対応すれば払い戻しなどの手続きが面倒なことになるし、逆に中止の責任は負わないことにすると買ってくれた人に気の毒ですから、こうなってよかったと思いました。


さて、私は11日に羽田から台北へ出発。到着後、台北駅から新幹線(Taiwan High Speed Rail)で台中へ向かいました。当日出発の当日コンサート参加というのは、懸念材料が多々並びますし、中国語圏に個人旅行をするということも言語面などの上でかなりのストレスを抱えました。
飛行機や通関の時間で予測が難しいため、この日の新幹線は座席指定券を台北駅の自販機で買いましたけど(「日本のクレジットカードが利用できない!!」、と隣の日本人の方が慌てていましたが、それは違いましたね。利用できました♪)、その後利用することになる台中・台南間、台南・台北間のチケットはあらかじめ国内で購入しておき、台北駅で発券しました。

前日に台中市内へ到着していためばさん親子と16時にはホテルで合流できてほっとしました。ホテルの目の前にある宮原眼科のアイスクリームは、お嬢さんのおかげで並ばずに食べることもできました。その後すぐにタクシーで会場へ向かいましたが大雨でたっぷり1時間はかかり(そもそもそんなに距離があると自覚していなかったのでビックリ!!)、到着した開演1時間40分前には雨は上がっていましたが、敷地入り口は静まり返っていて何もないことにまたビックリ!! 

(幸いにも運転手さんが「帰りも市内へ戻るなら待機してましょうか?」(ほとんど中国語と身ぶり手ぶり)と申し出てくれたので助かりました。たぶん、待機料金100元/時間だったように思います。)

受付で教会会員の方からチケットを受け取る時間には十分間に合い、フィリピン国籍のファンとも再会し、話をしながら(プレコンの終わりのM&Gで、iPhoneでビデオを撮りながら近づいてくる彼に対し、「カメラ撮影をやめてほしい」とデヴィッドが言った更にその後、何と言われたのかと聞くと、「ずっと撮影されているのは好きじゃない(彼はプレコンの間ずっとストリーミング配信していたので)」ということなど)、開場待ち。

あとになってみると、記者会見でデヴィッドが唄ったGlorious と写真はその後公開されたので、デヴィッドに嫌われたかもしれない彼がちょっぴり気の毒に思えました、その時は・・・。


記者会見の写真 - Flickerへ飛びます
Glorious - FBへ飛びます。読み込み遅いかもしれません。


さて、いよいよ開演♪ 私たちの席は2列目の右側。
デヴィドのあいさつの後、彼が最初に3曲唄い、その後二人組の地元アーティストと交互に出演し、アンコールの中国語の歌を終えて、最後はミッショナリーによる合唱曲 ・・・・が始まる直前にちょこちょこと再びステージに並んで一緒に唄い、イベント終了でした。

アルバム BEGIN. からの曲が中心でしたけど、「ダイ・ハード・ファンのために」と言って Crush を唄ってくれたのは私には意外。LDSの活動の一環だけどキャリアは継続していてファンを大事にしているのと同時に彼自身が唄いたいと思っていることがよくわかったからです。そして、この「ダイ・ハード・ファンのために」と言う時のデヴィッドの声と表情は私の大好きな瞬間なんです(笑)。

長距離の飛行や移動にもかかわらず、デヴィッドの声はつややかで延びがあり声量も豊かで申し分ありませんでした。バンドも伴奏もなく、Imagine とMKOPを自分でグランド・ピアノを弾きながら唄った以外はトラックをバックにしていました。でも、それがとっても心地よかったのです。何も他に気が散るものが介在しないんです、聴衆にとっても彼にとっても♪ The Prayer はネイサン・パチェーコさんのパートもデヴィッドが唄いましたので、曲の終わりの高音部分にうっとりと聴き惚れました。
テレサ・テンのヒット曲 The Moon Represents My Heart を中国語(正確にはマンダリン)で唄ったことは特筆すべきことですね。既にご存知だと思いますが、彼の発音は完璧だとローカルの方々から絶賛されていました。
アメリカのファンの方は、後日、この曲をアメリカでも唄ってほしいとつぶやいていましたが、どうでしょうか? マレーシアの友人は、彼がこの歌を唄う機会は台湾・香港・中国に限定されるだろうと言っていましたけど、はたして・・・?


160811 by Ge Mina FB trim.jpg

Original photo credit: Ge Mina


セットリスト
01. Beautiful
02. Angel
03. True Colors

04. BOTW
05. MKOP
06. Nunca Pense
07. Crush

08. Imagine
09. The Prayer
10. Glorious

11. Moon Represents My Heart

ミッショナリーとの合唱
God Be With You Till We Meet Again


帰りのタクシーは40分ほど。10時40分ごろにはホテルへ戻りましたが、夜市の他に開いているお店がなくて、夕食がわりにコンビニで煮卵などを食べました(笑)。

実は私、出発前はいろいろな手配・準備・情報収集、そしてDMの返信等に追われてとても忙しく、出発のこの日も到着するまで慌ただしかったことや種々の予備バッテリーを入れた手荷物も重いし、疲れきってコンサートが始まる頃には久々の頭痛が始まっていました。デヴィッドの歌声でそれを癒してもらうような感覚でしたよ。海外遠征、楽ではありません(笑)。翌日には復活できていたらいいなあ、と思いながら眠りました。


幸い翌日はすっきり目覚め、新幹線で次の開催地台南へ向かいました。
(結局私は台中には17時間くらいしか滞在しなかったことになります。もう一度宮原眼科のアイスクリームを食べたかったな・・。)

こちらは昨日とうって変わって、コンサート会場とホテルがほぼ隣と言えるくらいの距離で、日中は台南フードを食べ歩き、孔子廟も訪れ、夜はデヴィッドの歌を聴くというとっても豪勢な一日になりました。

ふだんから美味しいかき氷を食べているので、ある日、友人に誘われて某中○街の台湾式かき氷を食べた時は食べ続けることが困難だったのですが、こちらで食べた台南特産の蜜をかけたフルーツかき氷はたまらなく美味しくて、感激しました。このお店に行くことができたのはめばさんのお嬢さんのおかげです。春水堂のタピオカ入りミルクティーも美味しかったです。

さて、この夜、チケットを会場へ受け取りにいった時に、「あなたのことを覚えているわ」と突然女性に声をかけられました。 私はさっぱり「?」状態!! 話を続けてみて、2011年にマニラ公演を見に行った時、会場の一列後ろにいた クアラルンプールのファンの方だとわかりました。世間は狭いです!! というか、行動パターンが同じ!! というのが正しいかも。

台南の会場の座席も6列目で一緒。奇しくもホテルも同じだったため、その後も夜遅くまで楽しい時間を過ごしました。

この日は4組のアーティストとデヴィッドは共演しており、曲数は1曲少なかったです。ですが、たしかGloriousだったかもしれませんが、女性のピアノ伴奏で唄いました。

Angel は昨日もそうでしたけど、初めて聞いたMCも含めてとても美しく感動的でした。
テーマである「家族」にちなんだ話として、父方の祖父がボクサーであったこと、会うたびにいつも「この醜い子どもたちは誰なんだい?」と冗談を言う人だったこと、それからデヴィッドは10才頃から人前で唄うことが増えてきたのだけれども、ある時、会場に祖父がいて、デヴィッドがAngelを唄い始めると祖父の顔が変わり、エモーショナルになったのを見た(涙を流していたんでしょうね)こと、そういう祖父の顔を見たのは初めてだったこと、その時に音楽の持つ力を学んだこと、を語りました。10才でそれを学んだということですね。

これは台中・台南で同じ内容ですが、このMCのあとに、その Angel を唄う流れになっていて、もともと大変美しい唄が更にこの上なく美しいものに感じられた夜だったんです。最後にぶち壊されるまでは・・・。

デヴィッドが唄い終わり、まだ皆が余韻に浸っていて、拍手前の静けさの中、中国語で「I love you David」と叫ぶ大声を聞くまでは。

彼は、「またあいつか!!」とデヴィッドに嫌われることになったと私は確信しています!!


この日のGlorious は地元の合唱団をバックに唄いました。中国語の歌は、既に話題になっていたこともあるのでしょうか、会場は一段と盛り上がりました。


The Moon Represents My Heart
YouTube リンクはこちら
めばさんのYTビデオもあるのですが、リンクを探すことができません(^^ゞ

セットリスト

01. Beautiful
02. Angel

03. True Colors
04, Crush
05. MKOP
06. Nunca Pense

07. Imagine
08. The Prayer
09. Glorious

10. The Moon Represents My Heart


(台中・台南ともにセットリストの間の行があいているのは、他のアーティストが出演しているからです。)

[ひらめき]8/28
終了しました<(_ _)> 
8/28まで残しておきます ↓ 
mp3(59分 108MB)  


ところで、デヴィッドがポケモンの増田さんをフォローしていることはご存知だと思います。それくらい好きなのなら、もしかしたらこれは喜ぶかもしれないかな、と思ったのが映画の特別前売鑑賞券の特典ポスターです。映画を観て、ポスターをもらってきました。

「台湾へ3公演観に行きます。まだ返事がこないし、これから申し込むイベントもあるけど、きっとすべて上手く行くと思います。楽しみにしています。 追伸:ポケモンのポスターを持って行きますね~!!」と手紙を書いてポケモンの切手を貼って送りました。デヴィッドがそれを読んだかどうかはわかりません。もちろん、カリさんにも別便でお便り出しました。(残念ながら今回彼女は同行していませんでしたが。)

ですが、すてきなことに出発前にアメリカのファン・サイトのアドミンの方がデヴィッドに向けてツイートしてくれました。日本から行く私のことを探すようにって(笑)。それを彼が読んだかどうかも知りませんが(きっと読んでいないと思いますけど)、めばさんのお嬢さんが会場を出る彼に気付き、めばさんが お嬢さんに私を呼んでくるように言ってくれたことや、教会の方々の配慮のおかげで、彼の車が発車する直前にポスターをあげることができました!! 私一人で行っていたら実現しなかったことですね。

ところで、車にはデヴィッドの他にドライバーも含めて4、5人が乗りこんでいたわけですが、彼らは台南のホテルへ向かったのではなく、実は前日の公演地であった台中へ戻って行ったのです。つまり、この日デヴィッドたちは車で2時間かけて台中から台南に来て、会場横の公園でポケモンGOに興じる若者たちの姿をとらえてあのIGストーリーに投稿したり、リハーサルを行ってパフォーマンスを9時半頃に終えてから10時ごろに再び車で台中へ帰って行ったのです。


さて、翌13日土曜日。台北へ新幹線で移動です。イベントは午後2時から。チケット受取は11時から。開場は12時半からです。来賓者以外はの席は自由席なので、早く行った人の順に席へつけばよいのですけれど、私たちは「もう十分楽しんだから今日は良い席でなくてもいいよね」と話していました。早めのランチを 鼎泰豊 101店 で食べて、ゆっくり会場へ行くことにしました。

この日は様々な分野で社会貢献した人たちを称える式典でしたし、今までのイベントよりもデヴィッドの唄う曲は少ないということを前の晩に教会の会員の方から聞いていました。

さて、ランチ!! タイミングもよくて全く並ばずに席に案内してもらえましたし、こんなに美味しい小籠包は今まで食べたことがありません!! 中のスープがまったく外にこぼれていない、皮がやぶけない、熱すぎず適温で出てくる、具も皮も美味しい♪ 昔台湾へ行った時、たぶん鼎泰豊はスルーしたように思います。今回行ってみて印象が変わりました(笑)。


そうしてゆっくり会場へ向かい、中国語から英語への翻訳機の貸し出しを受けて教会の部屋の中に入りました。12時35分には入場できてしまったので、来賓席の2列後ろの真ん中に着席。

申し訳ありませんが式典はあまり興味がわきませんでした(^^ゞ その場で中国語から翻訳される英語もわかったりわからなかったり・・・。しかも、途中でその英語の内容が更にわからなくなってきました。

「・・・・・・・ デヴィッドは今休んでいる ・・・・休憩時間が終わったあと、16時頃にデヴィッドは来る・・・・・」

ええ~っ!! 何? どういうこと? 来て唄うのだろうか・・・? よくわからないので頭痛がしてきました。

隣の女の子に英語で聞いてみましたが、さっぱり。その後のアナウンスで、デヴィッドが来るということはわかりましたが・・・。

16時10分すぎ、デヴィッドが青白い顔で登場しました。ただ、一言も言葉を発しません。穏やかな笑顔は絶やしませんが、挨拶なし!! そして唄い始めた瞬間、心配した通り、声がかすれていました。

でも、すてきな笑顔と誠実な人柄のにじみ出た8曲のパフォーマンスを行いました。彼には申し訳ないけれど、声が出ていなくても可愛いし、ラップ調の「エレベーター」なんて最高に楽しくほほえましく(私たち、笑っておりました。他の客席でもほぼ同様の反応あり)、しかも最後は口笛でした♪ 

160813 Taipei_Elevator small.jpg

エレベーターを唄っていた時の口笛デヴィッドだと思います


そして気付いたのは、他の7曲は唄いにくそうなのに、中国語の歌はハスキーだけれどちゃんと声になって唄えていたことです。音域だけでなく母音子音その他さまざまな要素が関連しているはずですが、喉に負担をかけずにこの曲は唄うことができるのですね。


台北コンサートの写真

セットリスト

01. Beautiful
02. Angel
03. Elevator
04. BOTW
05. MKOP
06. Imagine
07. Glorious
08. Moon Represents My Heart


「ここは教会だから出入り口はそこしかない」というクアラルンプールの彼女の的確な観察どおり、デヴィッドが入ってくる入り口と出口は私たちも出入りするところでした。

イベントが終わって廊下に立っていると彼が部屋から出てきて、大勢の人たちにかわるがわる握手をしていました。私もちょっと前にでてみました。顔を見てすぐにポスターを渡してくれた人物だとわかってくれて、再び握手ができました。Did you see it? と聞くと両手でThumb up してくれました♪ デヴィッドは表情がとても豊かなので、声を休めてなくてはいけない時でも、その表情を見ているだけで喜んでくれたことが伝わってきます。そして、ポスターの件だけでなく、アジア圏の他の国からもファンが来てくれていることが嬉しかっただろうな、とその笑顔を見て思いました。

2016-08-15 13.08.34-3.jpg

160813 Taipei Y.jpg

Credit: kaychan




この日は私たちの台湾最後の夜。女性4人で台湾料理を楽しみました。

翌日は後ろ髪をひかれながら帰国の途に着きました。

デヴィッドはといえば、日曜日なので花蓮ではポップ・コンサートでなく、賛美歌を主に唄うことになっていましたが、出席はするけれど唄わないということになりました。がしかし、実は My Little Prayer (YT動画あり)と I Am a Child of God (in Chinese) を唄ったのですね。


デヴィッドのツアーはまだ続き,昨日20日に台湾を離れましたが上海に到着しています。何か教会の招待によるイベントあるようですが、ここで記事を終わります。


nice!(0)  コメント(12) 

《更新》曲はDLできます!!! -デヴィッドをフィーチャーしたJames The Mormon さんのビデオ8月8日公開予定 [David Archuleta]

[ひらめき]8/6追記

8月8日リリースと言われていましたが、曲は日本のiTunes でも6日に購入できるようになっています!!!


そしてデヴィッドもカメオ出演したという現場の様子♪


Sometimes I get a little too into the moment and start bouncing all over the place. ;) Making a little cameo in the video for "Workin" a song I collaborated on with @JamestheMormon for his album. #workin comes out in just 1 week, August 8th. Be sure to check it out and show some love! #musicvideo #justfeelingthemusic

================ 追記はここまで



7月24日(現地23日?)の今日投稿されたライブ動画 Workin ft. David Archuleta ー デヴィッドは映っていません

Thom Reed さんのFB









5週間前のジェイムス・ザ・モルモンさんのIG



"We out here grindin, we workin"
Making music wit dis dude [爆弾]
David is not only talented, but he's humble and dedicated to the WORK. I respect that so much. My pleasure making music with my new lil cuzzo.
New song coming soon [\(^o^)/]? [カメラ] : @thesamwilder


その時のデヴィッドのIG [わーい(嬉しい顔)]




Honored to be working on @jamesthemormon and his crew music video for his #newsong with @davidarchie ... I've said too much #staytuned


nice!(0)  コメント(0) 

160709 ナッシュビル・トリビュート・バンドの Redeemer コンサートに出演 [David Archuleta]

アイダホ州ナンパのフォード・アイダホ・センターで行われた Redeemer コンサートに出演した
デヴィッドが唄った When The Son of Man (Comes Again).ー 彼のペリスコープより。 


1公演めのもの。

=============

前日にはリハーサルとVIPなどがあったもよう。この時の写真はあちらこちらで散見できます。FODなどをチェック!!

リハーサル前?のマリー・オズモンドさんのお話





2公演が終了したあとのデヴィッドのインスタグラム ↓

2016-07-edit.jpg

Credit David Archuleta

What a great day! 2 Redeemer concerts and so many thousands of you there to join us from all different denominations. Great sharing the stage with Marie Osmond, Alex Boyé and the Interfaith Choir and of course NTB. Thank you Nashville Tribute Band for the invite, and to all of you in Idaho for coming out! What songs were your favorite if you were there? What did you take home with you? #redeemer #concerts #idaho #nampa #Christ #Christian #christians #unity #marieosmond #alexboye #nashvilletributeband


↓ このイベントについての6/20付の記事を参照source

- Marie Osmond, David Archuleta and Alex Boye will join the Nashville Tribute Band in Nampa next month to present the non-denominational musical celebration, “Redeemer."

Two free shows will be held July 9 at the Ford Idaho Center, hosted by Christian Outreach Multimedia Events. The shows will benefit Idaho food banks by encouraging attendees to bring a canned food donation.-

nice!(0)  コメント(0) 

デヴィッド、サンダーバードに乗る! [David Archuleta]

デヴィッド、ヒル空軍基地で開かれる 航空ショーのテスト飛行(?)に招待される!!
イメージが若き日のトム・クルーズに重なるのはわたしだけ?・・・ではないと思うけれど[爆弾]







David Archuleta was invited to get a ride on a Thunderbird prior to the Hill Air Show 2016!

It sure seemed to be the once in a lifetime experience!!!

So amazing! And he is so brave:)

In memory of his this marvelous adventure, made a mashed up video with his periscopings, videos and fans' videos, which belong to their rightful owners.

Thank you David, Pam and Benny!!!

Music: Nothing Else Better To Do by David Archuleta



Hill Air Force Base

FB

実際の航空ショーはこの週末の6月25-26日に一般公開された模様(現地ではまだ今日一日ある)。
ニュースなどを見ると、駐車場に車をとめるために2,3時間待たなければならなかった様子。
公共機関で来るように、とTVでは言っている[ふらふら]


nice!(0)  コメント(0) 

デヴィッド、Park City でスノーボード!! [David Archuleta]

デヴィッドの可愛いクローズアップ写真が久々に登場!(笑) 
眉毛が凍ってる? ほっぺたが赤くて本当に寒そうです[がく~(落胆した顔)]

The Canyons, Park City, UT

こちら ↑ で スノーボードをしたんですね。パークシティと言えば、去年の秋にユタへ行った際に連れて行っていただいた場所なんです♪ ドライブの途中でスキー場のリフトをいくつか見かけました。デヴィッドが訪れたのはそのうちのどこかなんでしょうね、きっと[わーい(嬉しい顔)]




I can't feel my face when I'm with you. But I love it. #snow #Utah #snowboarding #cold #iceicebaby #frozen


太文字はデヴィッドお得意の歌詞の引用♪

The Weeknd の"Can't Feel My Face" です。



Credit TheWeekndVEVO

私はこの方のお顔が苦手なので、トム・クルーズに置き換えて想像して聴くようにしています(^^ゞ
ジミー・ファロンのリップ・シンク・バトルの時を思い出して[揺れるハート] → こちら

Lyrics:

And I know she'll be the death of me, at least we'll both be numb
And she'll always get the best of me, the worst is yet to come
But at least we'll both be beautiful and stay forever young
This I know, (yeah) this I know

She told me, "Don't worry about it."
She told me, "Don't worry no more."
We both knew we can't go without it
She told me you'll never be alone-oh-oh, whoa

I can't feel my face when I'm with you
But I love it, but I love it, oh
I can't feel my face when I'm with you
But I love it, but I love it, oh

And I know she'll be the death of me, at least we'll both be numb
And she'll always get the best of me, the worst is yet to come
All the misery was necessary when we're deep in love
Yes I know (yes I know), girl, I know

She told me, "Don't worry about it."
She told me, "Don't worry no more."
We both knew we can't go without it
She told me you'll never be alone-oh-oh, whoa

I can't feel my face when I'm with you
But I love it, but I love it, oh
I can't feel my face when I'm with you
But I love it, but I love it, oh

I can't feel my face when I'm with you
But I love it, but I love it, oh
I can't feel my face when I'm with you
But I love it, but I love it, oh

She told me, "Don't worry about it."
She told me, "Don't worry no more."
We both know we can't go without it
She told me you'll never be alone-oh-oh
Whoa

I can't feel my face when I'm with you
But I love it, but I love it, oh
I can't feel my face when I'm with you
But I love it, but I love it, oh

I can't feel my face when I'm with you
But I love it, but I love it, oh
I can't feel my face when I'm with you
But I love it, but I love it, oh

青い色のハッシュタグの部分は Vanilla Ice の Ice Ice Baby という曲のタイトルのようです。
Ice Ice Baby のパートは「ささやき」ですよね。デヴィッドがそんな風に唄っているところを想像してます(^^ゞ


credit emimusic

Lyrics

"Ice Ice Baby"

Yo, VIP, let's kick it!

Ice Ice Baby, Ice Ice Baby

All right stop, Collaborate and listen
Ice is back with my brand new invention
Something grabs a hold of me tightly
Flow like a harpoon daily and nightly
Will it ever stop? Yo, I don't know
Turn off the lights and I'll glow
To the extreme I rock a mic like a vandal
Light up a stage and wax a chump like a candle.

Dance, go rush the speaker that booms
I'm killing your brain like a poisonous mushroom
Deadly, when I play a dope melody
Anything less than the best is a felony
Love it or leave it, you better gain way
You better hit bull's eye, the kid don't play

If there was a problem, yo, I'll solve it
Check out the hook while my DJ revolves it

Ice Ice Baby Vanilla, Ice Ice Baby Vanilla
Ice Ice Baby Vanilla, Ice Ice Baby Vanilla

Now that the party is jumping
With the bass kicked in, and the Vegas are pumpin'
Quick to the point, to the point, no faking
Cooking MCs like a pound of bacon
Burning them they ain't quick and nimble
I go crazy when I hear a cymbal
And a hi hat with a souped up tempo
I'm on a roll and it's time to go solo
Rollin' in my 5.0
With my ragtop down so my hair can blow
The girlies on standby, waving just to say, "Hi!"
Did you stop? No, I just drove by
Kept on pursuing to the next stop
I busted a left and I'm heading to the next block
That block was dead Yo
So I continued to A1A Beachfront Ave.

Girls were hot wearing less than bikinis
Rockman lovers driving Lamborghinis
Jealous 'cause I'm out getting mine
Shay with a gauge and Vanilla with a nine
Ready for the chumps on the wall
The chumps acting ill because they're so full of "Eight Ball"
Gunshots ranged out like a bell
I grabbed my nine, all I heard was shells
Falling on the concrete real fast
Jumped in my car, slammed on the gas
Bumper to bumper, the avenue's packed
I'm trying to get away before the jackers jack
Police on the scene, you know what I mean
They passed me up, confronted all the dope fiends

If there was a problem, yo, I'll solve it
Check out the hook while my DJ revolves it

Ice Ice Baby Vanilla, Ice Ice Baby Vanilla
Ice Ice Baby Vanilla, Ice Ice Baby Vanilla

Take heed, 'cause I'm a lyrical poet
Miami's on the scene just in case you didn't know it
My town, that created all the bass sound
Enough to shake and kick holes in the ground
'Cause my style's like a chemical spill
Feasible rhymes that you can vision and feel
Conducted and formed, this is a hell of a concept
We make it hype and you want to step with this
Shay plays on the fade, slice like a ninja
Cut like a razor blade so fast, other DJs say, "Damn."
If my rhyme was a drug, I'd sell it by the gram
Keep my composure when it's time to get loose
Magnetized by the mic while I kick my juice

If there was a problem, Yo, I'll solve it!
Check out the hook while D-Shay revolves it.

Ice Ice Baby Vanilla, Ice Ice Baby Vanilla
Ice Ice Baby Vanilla, Ice Ice Baby Vanilla

Yo, man, let's get out of here! Word to your mother!

Ice Ice Baby Too cold, Ice Ice Baby Too cold Too cold
Ice Ice Baby Too cold Too cold, Ice Ice Baby Too cold Too cold


記事の更新もとっても久しぶり、でした[わーい(嬉しい顔)]

デヴィッドのダウン・ジャケット(スキーウェア?)の「青」がいいです♪ 



nice!(0)  コメント(0) 

レイトン完売と 思いがけない展開 [David Archuleta]






前回私がレイトンへ行ったとき、近くのLDSへ日曜の朝の礼拝に行く機会がありました(会員でなくても誰でも参加できるのだそう)。

いつものように流れに乗るのが私の流儀ですけど、「もしかしたらデヴィッドの家族にバッタリ会うかもしれない?」などという考えも頭の片隅にありました(本人はインフルエンザにかかっていましたから日曜日は寝込んでいたと思いますけどね)。 残念ながらハプニングは何も起こりませんでした。ただ、礼拝が終わってからこの教区のビショップにお会いしました。

長身でがっしりとした体格の、笑顔がすてきな方でした。一瞬、デヴィッドの将来の姿を連想しました。いずれ彼も教会の中で指導的な立場にたっていくのかもしれないなと思ったのです。この話を後日友人に話すと、そのような人になるには神学校へ行ってなくてはいけないのじゃないかしらと言っていました。
実はこの時は、ビショップという階位がカトリック教会で司教にあたるとは知らなかったんですね(^^ゞ 
(もちろんモルモン教でのビショップの位置づけも知らないのですけど (*_*; ) 
とにかくこの方はピシッとスーツを着ていらっしゃいました。


いずれにしてもデヴィッドは、ミッションから帰ってきて環境になじめない時期を通り抜け、自分が自分らしくいることのできる方向へ進み始めたようです。そういう彼を地元の人々は応援しているんですね。


レイトンのクリスマス・コンサートのチケットは、現地時間の11月17日午前10時から一般発売が始まり、3時間後にはバラバラの席3枚しか残らなかったようです(会場サイトのツイート ↑ では完売となっていますが、先ほど指定席1枚は購入できることを確認しました)。

さすが地元ユタです。しかも今は家族もレイトンに住んでいて妹のアンバーは会場となるこのレイトン高校の生徒ですものね。ここで完売しなかったらどうなるんですかー[パンチ]



ところで私は、朝起きて二人の人からのDMにびっくりしまして・・・。

Aさん 「kaychan も昼の部の同じ○列のチケットを持っているわよ。」
     「あ、失礼、kaychan !  私は ○○にDMしようとしていたの!」  

(間違えて私にDMしてる!!)

Bさん 「いくらのチケットを持っているの? チケットを(先行発売で)買ってくれててありがとう!!! ぺいぱるアカウントを持ってる?」

(ええーっ!? 私のチケットはBさんの席になるの?)


私がチケットを差し上げたAさんと、良い席を買うことができなくて困っているBさんとの間にDMでやり取りがあったんでしょうね(笑)。 そしてBさんはどうやら私と同じ列の席を持っているようす・・・。
発売開始3時間後には二人隣同志の席はすでに無いので、1枚しか買うことができないんですよね。そして席は全くバラバラになります・・・。


チケットセールスの状況も全く知らない状態で読んだので、それはびっくりしましたよー。
どうやらAさんは最終的に私の席よりも良席を入手されたようで、差し上げた1枚は余分なようです。それでチケットが足りないBさんに私が1枚買っていると知らせてあげたんでしょう・・・。複雑なきもちになりました。

BさんのDMも唐突すぎますよね(笑)。複雑な心境のまま、いくらだったのか返事をしましたけど、少し考えているうちに心の整理がついて、さしあげることにしました。だって私は他のファンの方から19日の指定席を無料でいただいているんですものね。その入ってきた流れは外へ流さないといけませんよ。プレゼントする相手がAさんからBさんにかわっただけのことです。それがフローというものです♪ それに、Bさんも知り合いですから。 


自分は行くことができなくても、そしてこのような思いがけない展開になろうとも、こんな風になんらかの形で関わると 12月のコンサートが身近に感じられ、楽しみになってきました[揺れるハート]












nice!(0)  コメント(7) 

インフルエンザで絶不調だった公演の代替(?)公演 [David Archuleta]

[ひらめき]追記
関連記事→ http://urx2.nu/ph5C



9月中旬にアイダホとユタで開かれたデヴィッドのコンサートへ行ってから2ヶ月が経とうとしています。
4公演の後半、レイトン初日の19日は、インフルエンザにかかっていたデヴィッドが熱と体の痛みがあるなかを頑張ってステージに登場してくれました。

My Kind of Perfect を唄い終えてデヴィッドが楽屋にさがってから再び戻ってくるまで、ケンドラさんとバンドが間をつないでいたことは以前の記事に書きました。その後、会場のエグゼクティブ・プロデューサーとデヴィッドがステージに登場した時に、「アーチュレッタ氏はインフルエンザのため、本日は本来のショーを提供できない。替わりにクリスマスに公演を行う。また今日来場してくれた皆さんには50%割引でチケットを販売する」ということを発表していました。

そして実際に21日のショーが終わってほどなく、「12月のコンサートを実施すべくスケジュールを調整中なのでもうしばらくお待ちいただきたい」という案内が、その後「12月12日に昼夜2回公演を行う」というお知らせも届きました。
Nine Nineteen patrons という言葉を見てすぐにピンときませんでしたが、これが「9月19日のチケット購入者/来場者」にあたるのですね(笑)。

そうそう、この日の私のチケットは友人から購入したGAだったためのですけど、そしてその後 出発の1週間前くらいだったでしょうか、ラッキーにも別の友人が指定席を1枚プレゼントしてくれたため、私は会場サイトで購入していませんからメールは来ないんですね。
なぜ配信されたかというと、チケット発売(すぐに完売)の1ヵ月後にGAのみの再発売があり、めばさんのチケットを私が購入したからです。

残念ですがもう今年1年分の楽しみは経済的にも使い切ってしまいましたから、12月にユタに行くことはかないません。9/19の席が指定席だったなら、12月に半額で購入できる権利をファンの方がどなたか使えたかもしれないな・・・と思っていました。


さて、12月12日のコンサートに関して、会場側は練りに練った最良のチケッティングをしてくれました。

・ピット席だった人たちは1-2列目の席を買うことができる
・指定席だった人たちは1階フロアー中央席を購入できる
・GA席だった人たちは両サイド席または前方バルコニー席を購入できる。
・その他各種フリー・チケット、関係会社の無料チケットetcの人たちは後方バルコニー席を購入できる
・指定席の人たちは1-2列目を購入できない(アップグレードできない)が、GAは$5追加することで1階フロアー中央席を購入できる(アップグレード)できる!!!
・Nine Nineteen patronsは、マチネーと夜の2公演のうち、どちらか一つの公演を選択できる。
・9/19のチケットを2枚以上購入していても、その権利を分割して利用できない(たとえば4枚持っていたとしても、昼の部に2枚、夜の部に2枚あてることはできない)。
・座席は、9/19チケット購入時に振り当てられた「購入確認番号」順に決まる。
・一人10枚まで購入できる(が、19日の時よりも枚数を増やすと、早い「購入確認番号」を持っているプライオリティーはなくなる→最後になる。)
・以上了解のうえ、所定の用紙に必要事項を記載して期限までに申し込む。
・一般発売の前に、まずパトロン(←本来のパトロンー もとから会場のスポンサーだった人たち)から、次にピット席、指定席、GA、GAのアップグレード希望者、の順番で、しかもその中で「購入確認番号」の早い人から順に座席を決定する


ふ~っ、ややこしいです。しかし、最善の方法だと思いました。


で、レイトン初日の私の席が指定席だったことを覚えていた友人が、もしも私がこの権利を使わないなら利用させてくれるか聞いてきました。そうですよね、時間や仕事やお金をやりくりして他の州から来るデヴィッド・ファンならば2公演あったら両方参加したいと思いますよね。自分でもそうします、行けるならば(笑)。

事情を説明して、良席の可能性は低いけれどそれでよければと言うと、考えてみるという返事でした。私はこの時点で、このチケットはプレゼントしようと思っていました。でも先にそれを伝えてしまうと遠慮されるかもしれないので言葉にしませんでした。

※以前、めばさんの代わりに海外サイトで何か(Nandito Ako Tシャツだったかな?)を注文して、その代金を彼女からもらう時に「ぺいぱる」を試してみたことがあります。そうしたら手数料はかかるし、現金を引き出す時に更に手数料がかかってずいぶん目減りした覚えがあるんですね(笑)。
それならいっそ私もいただいたように、プレゼントした方が気持ちがよいです♪

そして、申し込み期限の1日前に「一般発売で買うより良いのでお願いしたい」という連絡がきたので、「もちろん!!」と返事をし、間違いのないように慎重に書類に記載し、スキャンして申し込みました。

昨日、チケットが用意できたとメールが来ました!!! よかったーーーっ、無事に受け付けてもらえて!!!
ちょっとドキドキしていたので(笑)。

早速、自宅で印刷できるチケットを友人に送ったところ、良い席だと喜んでもらえました。そう、たしかに予想よりもずっと良いお席だったんです♪ クリスマス・ソングを聴くことができるのでとても楽しみだそうです。


座席表:1800席らしいです
LaytonHighAseating.jpg



古そうな写真ですが、こんな感じとのこと
LaytonHighAuditrium.jpg



コンサートはどんな構成なのでしょうか? 聴いてみたいですね~♪







nice!(0)  コメント(0) 

151112 デヴィッドのミッドランド (テキサス)公演@Wagner Noël Performing Arts Center [David Archuleta]

[ひらめき]1/17追記
動画の整理をしていて、この記事の中に高画質の動画がなかったことに気付き、貼ることにしました(^.^)
デヴィッドのダンス・ステップはいつ見ても楽しい(嬉しい)です(笑)。

Nunca Pensé in Midland, TX

FODのsuttygalさんの動画ですね。

追記はここまで



We had a great time at the @wagnernoel_pac here in Midland, TX! Thanks y'all for coming! ;)

151112 Midland s.jpg


笑顔がいいですね。



動画・写真撮影禁止でしたが、シェリーさんが 気付かれないようにこっそりと頑張って録画してくださったビデオ。
David Archuleta Coma La Flor

(他に4本あり)


この曲は、デヴィッドのツアーマネージャーのカリさんが一部をペリスコープしてくださいましたよね。足元に注目ー!!!でした[目]

私はデヴィッドの情感あふれるバラードも好きですが、それと同じくらい彼のダンス・ステップがツボなんですね(曲はそれほど好みではなくても)(笑)

シェリーさんのビデオもとってもステキですけれど、やっぱりダンスステップはもっと近くで観ないとーーー[わーい(嬉しい顔)]

カリさんのストリーミングをDLしてみましたが、私のネット環境ではとても難しいのですよね。さいわいにも、タブレットでアプリを使ってできたので、いつでも観ることができます♪ 悲しいかな、アプリ内に保存されてはいますが、タブレット本体に保存ができないため、どこにも転送ができないんですけどね[もうやだ~(悲しい顔)]

そうそう、どうして「テキサスに来たらセレナを唄わなくてはいけない」(← カリさんのペリスコープのタイトル♪)のかというと、 セレナさんがテキサス出身だからなんですよね。デヴィッドの母ルペさんが大好きな歌手です。デヴィッドが6歳の時に初めて「学んだ*」のがこの歌だと言っていますよ。

* 'learned' と言っているのでルペさんに教えてもらって唄えるようになったという意味でしょうね、きっと。





I can listen to his voice forever[泣き顔][黒ハート]



ところで、最終的に今回のチケットは 1,031 枚売れて、721 枚が売れ残ったようです。
金曜日だったらなんとか都合がつけられるけど、木曜日だから難しいとおっしゃってる方々のコメントをあちらこちらで見かけました。
当日はデヴィッドの叔母さんが来ていたそうです。どなたかは不明。



当日、コンサート前に地元の mrt から受けたインタビューの内容:

Extended breaks in pop music can go either way. Fans either move on to the next big thing or wait with anticipation for the follow-up album. Neither of that swayed David Archuleta. After a two-year sabbatical, the "American Idol" alum returned with an entirely different outlook on music.

In 2012, Archuleta left for South America for a missionary trip for the Church of Jesus Christ of Latter-day Saints. Upon his return in 2014, there was speculation if he'd return to music. He put that to rest with a number of live dates, including his concert tonight at the Wagner Noel.

"Coming back to a live show, I was almost wondering if I want to do this," he said. "I didn't know if I did. Now I want people to come out but I want them to feel fulfilled with something."

This lends to his new attitude toward music. After his mission, something changed in Archuleta. Before he followed the formulaic approach to being a pop star. Now, he's redefining his career.

"It's a different experience now because I have a different perspective and motivation. Spending that time away from everything, it gave me purpose and also made me realize what I love most about music." he said.

What he loves is the impact music can have.

These days, he's using music to have conversations with his audience and encapsulate an experience. He's talks about his shows as something just shy of watching a motivational speaker.

But really, Archuleta sounds like he doesn't want to waste time with a meaningless set list.

"My music feels more personal now and I love being able to give that to people," he said. "I lost myself trying to make everyone happy before and I was numb. Now, I pay attention to how I feel and I think that comes out. I have a new song about that whole experience."

This should answer any questions about Archuleta releasing new music. He just doesn't elaborate on a new album or release dates.

He said that living according to what's most important to him is a priority. By doing so, he can deliver a new and improved David Archuleta.

"I want people to have a good time and have fun singing along to my songs," he said. "But I also want people to be motivated to be the best of themselves. That's my goal now."

こちら


nice!(0)  コメント(0) 

映画 『エベレスト 3D』 [映画]

水曜日の午後、映画 『エベレスト 3D』 (原題 Everest) をIMAXで観てきた。

実話に基づいたストーリーで、美しいヒマラヤ山脈、エベレスト山を背景にくりひろげられる壮絶なヒューマンドラマ。

自分の能力を信じ、体力気力の限界に挑戦するクライマーの熱意に圧倒される。

一方で、「あと少し頑張れば山頂に立てる」状況で 引き返す勇気と決断を飲み込んでしまう人間のエゴを見せつけられる。そしてそれが、自分の、さらには仲間の明暗を分けていく・・・。

七大陸最高峰登頂に成功した日本人の登山家 難波康子さんがその最後の目標を達成しつつも最期を迎えた山だ。

キーラ・ナイトレイの涙が胸をうつ。


映画『エベレスト 3D』 特報

Credit : 東宝東和公式チャンネル


この映画を観るきっかけを作ってくれたのは日系のデヴィッド・ファンである友人だ。2010年のMOTABとデヴィッドのクリスマス・コンサートで初めて会い、今年の9月に5年ぶりにアイダホで再会した。実はレイトン初日のオーケストラ・ピット席を私に売ってくれた(行くことができなくなったため)のも彼女である。
ウィンター・スポーツ、特にスピード・スケートが大好きでアメリカ国内だけでなくカナダにも試合を観に行く。

日本人の難波さん ( 役 ) がストーリーに登場するため、この映画を観たことを後で私に教えてくれたのだと思う。

映画は楽しい娯楽作品の方が好きなので、彼女から勧められていなかったら観なかったかもしれない。


私はそのむかし、白馬、白山、鳥海山、苗場山など、美しい高原植物が咲く山々に登ったことがある。スポーツをやらない身にはかなり大変だったけれど、山頂にたどりついた時の感動と達成感はそれにまさり、他では味わうことができないものだった。

米や水、燃料などの重たいものを持ってくれる仲間がいたから登ることができたのだけれども、自分が一歩ずつ足を進めないことには結果を得ることができないことも確かだ。

相変わらずスポーツはしないけれど、今も歩くことが好き。


この映画は劇場で観てほしい!!![手(グー)]


そうそう、奇しくも今日、宇宙飛行士の油井さんが宇宙からヒマラヤ山脈を撮影した映像をツイートしていらした!!! 







nice!(1)  コメント(1) 

《追記ありーEP情報も》ラジオ・インタビュー B93 と103.3FM [David Archuleta]

[ひらめき]11/12追記
テキサスのラジオ局103.3FMでのインタビューを追記します

Wagner Midland venue.jpg

Wagner Noel Performing Arts Center

11月12日の会場( Wagner Noel Performing Arts Center )がとても美しく、また音響がよいこと、ミッションがいかに素晴らしい体験だったかということ、アメリカン・アイドルが最終シーズンになること、などに加えて、最近発表されたデヴィッドの新曲 Numb を含むEPがリリースされること、そしてもしかするとその後にツアーを期待できるかもしれないこと、などが二人の間で語られています[グッド(上向き矢印)]

EP [CD]とツアー[カラオケ]!!![右斜め上]


ちなみに地域的なことと平日だからだと思いますが、チケットはかなり残っているようです[ふらふら]



103.3FM クリス・ムーアさんによるデヴィッドのラジオ・インタビュー 



それから、デヴィッドのツアー日程が追加されましたっ♪ こちら

3/23 ユタの Richfield
3/24 ユタの Ephraim 

の2公演です。(既に3/26 アリゾナのQueen Creek はチケットが発売されています)



[ひらめき]記事投稿して早々の追記です

Putting my feelers out there


デヴィッドが何を言ってるのかわからないー[もうやだ~(悲しい顔)] と嘆いていたら
こう言ってるのよーとファンの方がおしえてくれました!!!

と言っても、英語なので・・・そちら方面に探りを入れてるってことは、つまり「探してる」ってことでしょうか。
でも、なんだか声のトーンがとってもいい感じで・・・うふっ、彼女になりそうな人がみつかっているような?



記事本編はここから 


David Archuleta With Leo and Rebecca In The Morning B93


ええ~? 

9:48辺り以降、

David:Relationship!!!
That's a good question.

Rebecca: Is there special someone in your life?

このあとーーーー

デヴィッドが何と言っているのか はっきり知りたいですね!!!!!!!!!




nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -
☆iTunes Japan Amazon JP

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。