So-net無料ブログ作成

アフガニスタンへ(7/14に移動?) [David Archuleta]

アフガニスタンへ


ジェイソンさんのブログ-Kuwait to Afghanistan

先に投稿されたジェイソン・ヒューレットさんのブログをお読みになられた方はご存知だと思いますが、デヴィッドたちはクウェートから空軍の長距離大型輸送機C-17に乗ってアフガニスタンのどこかへ向かいました。目的地がどこかということも知らされないし、しかもどこかを迂回しながら飛んで行ったのですね・・・。

デヴィッドとダンさんはコックピットに、そしてジェイソンさんとキーリン先生は他の兵士たちと一緒に機体の胴体部分にある席に乗ったようです。デヴィッドとダンさんはVIPなのでしょうか。兵士たちとずっと同じスペースにいるなんて、胴体席のお二人はさぞ緊張感でいっぱいだったことで しょう。ほんとに胃が変になりそうですよね。

出発前のジェイソンさんとデヴィッド
140714 on C-17 s.jpg


ということで、14日はグレーに赤の縁取りのTシャツですね。
この↓ 写真も同じ日ということになるのかな?

140714-1 Afghanistan.jpg



詳細が明らかに!!!


Kaelin先生のFB

その後、キーリン先生のレポートに許可がおりてフェイスブックが更新され、彼らの所在が明らかになりました。Bagram Air Base という基地にいるそうです。クウェートとちがってクラブハウスに宿泊するのでなく、基地内にあるテントの中で、二人で一つのスペースを共有しているんですね。キーリン先生の記事を読むと、彼らがとんでもなく危険な場所まで行っていることがわかって、とても心配になります[もうやだ~(悲しい顔)] 

実は先生が記事を投稿する前、つまり昨夜のことですけど、私はこの場所を突き止めました(笑)。Carson Heath さんのインスタグラムのタグにParwan という文字があって、これは地名だと思いWikipediaで調べたのです(^^ゞ

Parwan は、アフガニスタンの中ではもっとも安全な地域の一つだそうですが、それでも軍事攻撃を受けたことが報告されているとか。さらに、Parwan にはBagram Air Base という大きな空軍基地があると書かれていたので「デヴィッドたちはここだ!」と推測しました(笑)。

キーリン先生のレポによると、彼らが基地に到着して10分と経たないうちにアフガン反乱軍による迫撃砲が基地に投下されたことを知らせるサイレンが鳴ったようです。さいわい迫撃砲は命中率は高くないようなのですけれど、社会情勢の急変はいつでも起こりうることなので、さらに緊迫した状況にならないことを祈るばかりです。
 

さて、おそらく翌日の15日にショーが催されたのだと思われます。 ↓ 

Carson さんのツイート
スクリーンショット 2014-07-17 23.30.33.jpg


It means a lot という言葉は社交辞令ではないだろうなあ、と私は思います。


ショーは拘置所のMilitary Police(MP) たちが対象だったようですね。MPの方々はきっと楽しいひと時をすごしたことでしょう。デヴィッドの歌を聴いてどんなに心安らいだことでしょうか[ぴかぴか(新しい)]


こちらはツイッターに投稿された別の方の写真。
140715 by @brettja6 s.jpg

credit to brettja6

おふたりとも笑顔がすてきですね。

Carsonさんのツイートは15日の夜に送信されているので、デヴィッドの15日のシャツは赤、青、白のチェックということになるのかしら。

こちらにも
proxy.jpg

credit unknown

そして、アフガニスタンの女性兵士の Nell_ly さんからこの写真が公開されているので、16日はピンクのTシャツですね。

10475207_1441623209448069_180998316_n s.jpg



ツアーはまだまだ続きます[パンチ]


 が・・・・・・・


無事に行程を終えて、さっさと帰ってきてほしいですね~[揺れるハート]



う~ん・・・どうしてツイートの埋め込みができなくなったのかなあ[ふらふら]

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

☆iTunes Japan Amazon JP

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。